自己破産で債務整理をする方法

自己破産とは何か?

債務整理の手続きのひとつに自己破産があります。
自己破産と聞くと何かもうすべてが終わって本当の最後の手段といったイメージがありますが、何もきちんと法的な手続きですので問題はないのです。

法律に則った正当な手続きです

自己破産とは、簡単にいえば借金を返さなくてもよくする手続きになります。
もしこの自己破産という制度が無かった場合ですが、借金苦で自殺をしてしまう人が後を絶たなくなってしまいますので、この制度があるおかげでそういったことの抑止力となっているのです。

誰でもできる解決法ではありません

ただし、借金を返済しなくてもいいのなら借金返済が苦しくなったら自己破産をすればいいや、と思っていしまいますが誰でもできる手続きではないのです。
将来入ってくる収入や自分名義の資産を処分しても到底借金を完済していくことは難しいと、裁判所にて返済不能と認めてもらうことです。
これを免責といいます。

裁判所で免責を受けられるには条件があります

ただし、借金を作ってしまった理由が趣味や嗜好品の購入、ギャンブルで使ったといった理由であれば自己破産をすることはできないです。
また、カードローンやキャッシングの返済は免責となったとしても住宅ローンがある場合は、これは返済を免れることはできないです。
そして税金の未納も自己破産したからといってなくなることはないです。

最後の手段としての救済策です

自己破産が認められれば、次の日から借金の返済の督促電話がくることもなく、毎月の給料がほとんど借金返済に消えていったのが、そのまま自分の収入になりますので、金銭的だけでなく精神的にも余裕が産まれることになります。
ただし、自己破産をしてしまうと信用情報センターにその事実が登録されるだけでなく、官報といって政府の広報誌にも掲載されてしまうことになり、しばらくは借り入れができなくなります。