良い条件での借り換えは、借金を大幅に減らすようなものです

大きなメリットが得られるのは住宅ローンの借り換え

アメリカンフットボールでのランニング我が家では住宅ローンを、10年固定金利で組んでいました。そして来年が10年目となるので、それ以降は固定金利ではなくなります。
借り入れをしている銀行に、具体的に金利が何%になるかを問い合わせたところ、それまでの金利から1%以上高くなることが判明しました。借り入れしている額が大きいので、わずか1%でも金利が上がると、支払いの負担はかなり多くなります。月々の返済額も万単位でアップすることになるので、私は家族と相談して、借り換えをすることにしました。

ローン金利が約半分になることもあります!

現在はかなり低金利となっていて、新規で住宅ローンを利用する人に対しては、多くの銀行が金利を優遇しています。私が試しに仮審査を受けてみたところ、あっさりと審査に通り、しかもなんと1.1%という低金利で借り入れすることができるとの返答をもらうことができました。それまでの金利は2%台だったので、1%以上も下がることになるわけです。

手続きは複雑ですが借り換えのメリットは大きい

借り換えをしなければ1%以上アップ、借り換えをすれば1%以上下がるのですから、私は大喜びで借り換えの手続きをおこなうことにしました。手続きはなかなか大変で、住宅ローンや生命保険の申し込み用紙の記入はもちろん、職歴書の記入も必要でした。さらに、役所に住民票や印鑑証明書や収入証明書をもらいに行ったり、司法書士と面談したりする必要もありました。

毎月の返済額で数万円、総額では数百万円の減額になります

しかしこれを終わらせれば、月々の返済額は万単位で少なくなります。さらに完済するまでに支払う金額のトータルは、数百万円も少なくなるのです。借金が数百万円分減るようなものですし、それだけのお金があれば、自分や家族の人生を一層充実させることができます。このことが原動力となり、私は頑張って全ての手続きを終わらせました。
その結果、無事に借り換えが終わり、以前よりも圧倒的に楽なペースで住宅ローンの返済ができるようになりました。家族のためにも、良い選択をしたと思っています。