借金をする場合のノウハウと注意点

キャッシングの利用は現実的な借金方法

何かで急にお金が必要になった時、あるいは生活費があと1万円あればと思う時にはどのようにすればいいでしょうか。家族や身近な人から借りる、あるいは担保物件を質入れするという方法がありますが、それ以外には、少額のお金を借りる方法というのがあります。

クレジットカードの延長線上で捉えよう

借金に多少の抵抗を覚える人もいますが、住宅ローンやクレジットカードなども、いわば借金といえます。要は、きちんと返済出来れば特に問題はないのですから、上手に利用すればこれほど便利なものはありません。

最も手軽なのはクレジットカードのキャッシング枠の利用

借り方としては、まずクレジットカードのキャッシング枠を利用するという方法があります。今は、一般的なクレジットカードでも10万円くらいのキャッシング枠がついています。クレジットカードを銀行のATMに挿入し、暗証番号と金額を入力するだけで、お金を借りることができます。使った分は、その次の引き落とし日に口座から落ちる仕組みになっています。

高額ならば銀行カードローンや消費者金融でのキャッシング

それ以外には、銀行や消費者金融でいくらか借りるという方法もあります。窓口で申込用紙に記入し、本人確認や収入証明といった書類を添えて申し込みます。審査に通れば、お金を借りられるようになります。また、窓口まで行けない場合は、ネット利用でPCや携帯で申し込むことも可能です。この場合には、まず金融機関サイト内のフォームに、必要事項を入力して送ります。書類はFAXで送るか、またはアプリを使って送ることになります。審査の結果はメールで知らされ、口座にお金を振り込んでもらえます。

消費者金融には総量規制があります

この時気を付けておきたいのは、消費者金融で借りる時です。総量規制による借り入れ限度額があるため、他に借金がない場合は問題ありませんが、もし他にも消費者金融を利用している場合には、金額によっては審査に通らない可能性もあるからです。