どうしてもお金が要るなら計画を立てて、怖がらずに借金を!

緊急でお金が必要になるケースは必ずあります

どうしても月末までに現金が必要なのにどこからもかき集められない、というケースは、長く生きているといつかは起こるものです。
 そんな人のためにキャッシング会社・ローン会社が看板を出しているわけですが、借金というとどうしても身構えてしまいがちです。
 確かに、無計画に借り入れを続ければ身の破綻に繋がります。
 しかし経済が低迷した昨今、場合によってはそういったもののお世話にならなくてはならないケースも増えるはず。なにもヤミ金融から借りようというのではありません。きちんと認可を受けて営業しているローン会社なら、計画的に利用する限り、生活の幅を広げることはあっても狭めることはありません。

賢く借りて、しっかり返す借金方法

 まず、申請はとても簡単です。自身の勤め先と収入を証明する書類があれば、すぐに審査にかけてもらえます。
 もしローン会社への申請がはじめてでしたら、よほど現況が不穏でない限り申請自体は通ります。但し借入限度額は少なめになりがちです。どうしてもある程度大金が必要という場合は、契約手続きの時に担当者に相談してみましょう。限度額を少し水増ししてくれる可能性はそう低くありません。

他人にばれることを気にしなくても大丈夫

 また、そうやって借金を負ったことが他者に露見する確率はほぼゼロです。ローン会社から情報が漏れたというケースは聞いたことがありません。精々、自分がうっかり口にしてしまってバレるケースくらいでしょう。何十年も個人情報を取り扱ってきた企業ばかりなので、その点は徹底に徹底を重ねられているようですので、安心できます。

利息は法定金利内なので高すぎることはない

 そして最も気になる利息ですが、これは法律で、年利18%までに定められています。ほとんどの企業が限界ギリギリの18%に設定していますが、逆に言えば、年利18%より少しでも低めに設定しているローン会社は良心的と言えます。

早めに繰り上げ返済で返していこう

 返済に関しても、月々の最低返済額自体は設定されていますが、それより多く返済しても何も問題はありません。利息はほとんどの場合日割りで計算されるので、1日でも早く返済すればそれだけ負担も軽くなります。そして勿論、前倒しの返済を断るような業者はありません。はっきりした収入のアテがあるなら、その直前に借り入れることで、利息を大幅に減算することも可能です。
 付き合い方さえ考えれば、借金といえどけして恐ろしくありません。何事も上手な付き合い方が大事と言えるでしょう。”