借金返済ができなくなった時はどうすればいいのでしょうか

借金の返済が滞ったときの対処法

アメリカンフットボールのタックルと突破借金返済ができない場合、あなたはどのようにしますか。家族から借りて返す、あるいは定期預金を崩したり、家財道具を売ったりしてお金を作って返すなどの方法があります。しかしお金を作るめどが立たない場合は、まず借金をしている金融機関に行き、返済方法を再検討するようにしましょう。返済額を少し変えるだけで、すんなり返済できる場合もあるのです。

まずは相談、駄目なら債務整理

それでもダメな場合は、債務整理を考えてみましょう。債務整理というと、どうも気が進まないと思う人もいるでしょうが、法的に認められたことであり、しかるべき手続きを経ることで、借金を分割返済できたり、あるいは帳消しにしてもらえたりするのですから、これを利用しない手はありません。任意整理や自己破産の場合は、弁護士または司法書士に依頼して、手続きを進めます。それ以外に特定調停といって、自分で裁判所に申し立てを行い、債権者と交渉して返済額を決めるものもあります。

注意点は放置しないこと! 最悪の状況になります

いずれにしても、借金返済ができない場合は、そのままにしておかない、これが肝心です。返済が遅れると督促の電話がかかり、その後督促状が来るようになります。これをそのまま放っておくと、徐々に電話や督促状の内容が厳しいものへと変わり、最終的には、金融機関から裁判を起こされて、裁判所に出頭しなければならなくなります。その場合には、一括返済を命じられることもあります。

早めの相談が最も賢い方法です

そのような事態を避けるためには、やはり早めに手を打っておく必要があります。また、借り入れを行う場合には、自分の収入で無理なく返済できる金額だけを借りるようにしましょう。借り過ぎが気になる時には、総量規制といって、借り入れに限度枠を設けている消費者金融を利用するのもお勧めです。