スポーツ全般を愛する債務整理専門弁護士のページ

債務整理の基本をおさらいしてみましょう

債務整理とは一体何か

アメフト選手が試合中に休憩している場面債務整理とは、法的に借金の問題を解決する方法になります。
一般的には法律事務所に依頼して手続きをするのですが、その方法は大きく分けて3つの方法があります。
任意整理、民事再生、自己破産です。

債務整理の方法は大きく分けて3種類

過払い金請求も債務整理のひとつに入りますが、これは借金をすべて完済してから行う手続きになります。
法律事務所に依頼して行うには上記の方法なのですが、必ずしも法律事務所を通して手続きをしなくても個人でも行うことができるのです。

個人で行う債務整理が特定調停

個人で行うことを特定調停といいます。
これは弁護士や司法書士を介入させないで、裁判所に申し立てて裁判所の担当者を通して債権者と借金の減額や分割での返済金額、返済期間について交渉をする手続きになります。
弁護士や司法書士に依頼するのと比べて、費用が安価で済みますし法律知識がなくても手続きができることにメリットがあります。

費用が格安で済むが生活に支障が出る

しかし、裁判所へ出廷しなければならないのは平日になります。
平日の日中に仕事をされている方は、なかなか出廷することが難しいです。
それに特定調停は、過払い金があるかどうかで借金の減額になるのですが、払いすぎた利息で完済をすでにできていてマイナスになったとしても残高が0で和解するだけで自分の手元に払いすぎた利息が現金で戻ってはこない手続きになります。
なので、そういった点も理解して手続きをする必要があります。

プロの弁護士に依頼するのが一般的な流れ

弁護士に依頼すれば、すべての手続きは代行して行ってくれます。
任意整理の方針で進めていく場合、過払い金を計算して残高が完済できるようでありましたら、払いすぎた利息分から債務整理の弁護士への着手金や成功報酬を支払ってさらに余った分は自分の手元に戻ってきます。
大幅に減額となった場合は金利がゼロで分割返済の手続きとなります。
当サイトでは借金で悩む方のために債務整理という現実的な解決法を紹介していきます。

新しい借金&債務整理エピソードはこちら